毎週火曜日更新(予定)

時間も自由もない!?あなたにオススメのモバイルテクノロジー5選

「全然時間がない」「自由じゃない」「たまにはカフェとかで仕事したい」

こう思っているかもしれません。

僕自身も25歳まで“場所に縛られ”、時間的な自由のない(と感じる)日々を送っていました。

だけど、ある方法を活用していくことで、場所にも時間にも縛られないスタイルを確立できたんです。

その方法とは、「モバイルテクノロジーの活用」です。

この記事では、場所にも時間にも縛られないスタイルができるようになる方法を解説していきます。

この記事の信頼性
  • 筆者の山本自身が(2020年8月現在)2年以上、場所と時間に縛られないライフワークを送っている
  • 年間100日以上海外で過ごすIT弁護士・藤井総さんにもお伺いした内容である
  • 山本が指導した結果、場所にも時間にも左右されない働き方を10人以上が実現している

なぜ場所にも時間も縛られているのか?

そもそも、なぜ場所にも時間も縛られているんでしょうか?

理由は、いくらでもあると思います。たとえば、

  • 自分の可能性を信じておらず、行動できない(メンタル的側面)
  • 貯金もできないぐらいの少ない稼ぎだから、まずは昇給のために頑張っている(経済的側面)
  • 親に、「あなたじゃ無理よ」と言われ鵜呑みにしてしまっている(人間関係的側面)
  • 体の調子が悪いので、良くなったら何か始めようと考えている(健康的側面)
  • 業務量が多く、何かをする時間がない(時間的側面)

などです。ただ、冷静に日々の自分の行動を見てみてください。

スマホを触ったり、YouTubeを見たり、LINEしたり、テレビを観たり、お酒を飲んだり、漫画喫茶へ行ったり…

キリがないほどの隙間時間はあると思います。

その隙間時間にすることは決まっているはずです。なぜなら、人間は習慣に左右されているからです。

同じ時間に起きて、仕事へ行き、残業をする人はして、帰ってきたらLINE返して、YouTubeを観て…などなど、やることはほぼ決まっていると思います。

デューク大学の研究によると、「人生の40%以上が習慣」によって成立しているそうです。

つまり、場所にも時間にも縛られているのは、生きるために選んだ行動が今となっては習慣となっているからなんです。

習慣についてはコチラでも詳しく書いたので、ぜひ参考にしてください。

人生を変えるたった1つの方法!取り組んだら間違いなく人生変わります

モバイルテクノロジーを活用すれば解決

場所にも時間にも縛られないように働くには、習慣的にある方法を使っていくことが必要です。

ズバリ、モバイルテクノロジーを使っていきましょう!

モバイルテクノロジーとは?
モバイルテクノロジーとは、Apple社のiPhoenに代表されるスマートフォンや各種デバイス、またそれらデバイスで使えるアプリケーションサービスのこと。アプリでは、FacebookやTwitter(SNS)、LINE(チャット)、GoogleDrive、ブログ、請求書作成サービスなどを含む。

モバイルテクノロジーは、常に持ち運ぶスマホと、スマホで使えるサービスを指します。

だから、どこにいても使えるんですよね。それに、遊んでいる最中でも資料を確認したり、思いついたことをメモしたりと時間も関係なくなります。

年間100日を海外で過ごすIT弁護士の藤井総さんは日経BPの取材に対してこんな風に仰っています。

顧問先の企業とは基本、企業向けのチャットサービス「ChatWork(チャットワーク)」とビデオ会議サービス「Zoom(ズーム)」だけでコミュニケーションを図ることができますから。これらに安全にファイルをやり取りするためにクラウドストレージ「Box(ボックス)」を加えた3点セットさえあれば、世界のどこに居ても仕事ができます。

引用:https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00384/

モバイルサービスを活用すれば、場所に縛られることなく、時間をコントロールして働くことができるんですよ♪

かなり役立つモバイルサービス5選

ここから、僕自身が日々活用しているかなり役立つモバイルサービスを5つご紹介します。

コミュニケーション①|Facebookメッセンジャー

クライアントや仕事仲間とのやりとりに、Facebook社のメッセンジャーはオススメです。

LINEやチャットワークも使いますが、メッセンジャーはUIが使いやすく、iPhoneでもパソコンでもシームレスに使えるのが気に入っています。

https://www.facebook.com/messenger/

コミュニケーション②|ZOOM

対面のやり取りが必要な時はZOOMがオススメです。強いこだわりがあるわけではないですが、オンラインでセミナーを開催するときに重宝する機能が詰め込まれているのが気に入っています。

1on1ならLINEやGoogleのサービスでもいいと思います。

https://zoom.us/

コンテンツ管理・共有|GoogleDrive

データやプレゼン資料などのコンテンツの作成や管理・共有にはGoogleDriveサービスがオススメです。エクセルやワードといったオフィスサービスのGoogle版です。

Apple社のiCloudやMicrosoft社のOneDrive、DropBoxなどもバックアップのために使っていますが、GoogleDriveは無料でオフィスソフトが豊富なのが気に入っています。

https://www.google.com/intl/ja_ALL/drive/

仕事効率化|Be Focused

25分毎にタイマーを設定して仕事を効率化・見える化できる「Be Focused」は、1人で作業するときにオススメです。

25分毎に休憩を取りながら業務をしていくことで集中力を長く保つことができます。人間工学に基づいているそうです。

詳しくは、ライター組合主催のゴウちゃんが丁寧にまとめてくれているので、参考にしてみてください。

特に、面倒くさい業務や後回しにしているタスクをやるときに使えます。

be-focused

財務|Misoca

請求書の発行や管理は、今や会計サービス弥生の参加となったMisocaがオススメです。

Misoca(晦日)って月末の最終日のことで、請求書に特化したサービスを作っていました。創業者の豊吉さんと松本さんには個人的な相談に乗ってもらったりもしたので、個人的にかなり推しているサービスでもありますね笑

https://www.misoca.jp/

まとめ:モバイルサービスに慣れましょう!

ここまでモバイルサービスを活用する理由やオススメのサービスを紹介してきました。

ただ、モバイルテクノロジーは恐ろしいスピードで日々進化しているので、ここで紹介したサービスたちはすでにブランド名が変わっているかもしれません。

大事なことは、「場所と時間の自由度を高めるツールを使っていこう」という方向性を自分の人生の中で持つことです。

つまるところ、モバイルサービスに慣れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です